スノーケリング(Snorkeling)とは?



スノーケリング(Snorkeling)とは、主に水中マスク、スノーケル、フィン、スノーケリングベストといった用具を身に付け、水面での浮力を十分に確保しつつ、水面上を漂うように移動し、口にくわえたスノーケル(パイプ状の呼吸管)を通して常に呼吸活動を継続しながら、水面から水中の様子を観察する活動のことを示します。




このスノーケリングは、スキンダイビングやスクーバダイビングといった本格的なダイビングへの発展につながるとともに、最も手軽に親しみ易い活動としての特性を有している所から、「海への窓口」としての位置付けに相応しく、幅広い世代に対して一層正しい知識と技術の習得を組織的に展開し、誤った理解や早まった行動等による事故を防止すると共に、誰もが安心して取り組むことができ、自然や生物にも優しい活動としての普及を図る必要性が高いものと言えます。




生涯学習社会の形成を目指す我が国において、これらの社会的要請に応えるために、国内関係団体・組織による連携のもと「日本スノーケリング協会」を設立し、公認のスノーケリング指導者による体系立てた指導を展開するものです。






HOME - 協会概要 - 講習 - Q&A - 公認グッズ - お問い合わせ
設立趣意書 - 会則 - 理事役員 - ディレクター&インストラクター名簿


Copyright 2006 Fukuoka Snorkeling Association.All Right Reserved